象印の家庭用餅つき器がAmazonから届いた!

注文していた

象印の人気餅つき器「BS-EB10」

餅まるめ器、まる餅くん「SMX-5401」とが

Amazonから届きました。

 

 

象印の人気餅つき器「BS-EB10」

の中身を見て行きたいと思います。

 

段ボールの外観です。

P1060986

きっちりと梱包されております。

P1060988P1060989

後でしまう時にどういう風にしまってあったか見ておかないと片付けられなくなります(笑)

P1060990

ビニル袋で梱包されています。蓋は反対側向けてしまってあります。

P1060993

やっとBS-EB10の全貌が見えました。

 

P1060994

蓋はのっかてるだけなので簡単にはずせます。

この蓋は餅を取り出すときに便利なので意外と重宝します。

 

臼の中に計量カップや羽根P1060996などが入っています。

 

P1060997

その中は羽が既に取付済みの状態です。

水を入れるときには羽を外す必要があります。

P1060999

のし棒をセッティングして「BS-EB10」の準備は完成。

これで餅つきができます!

象印の人気餅つき機「BS-EB10」を激安購入しました!

象印の人気餅つき機「BS-EB10-WB」をAmazonにて購入しました。一緒に「熊本産の餅米」と餅を丸める機械*まる餅くん「SMX-5401-W」も購入!合計18,925円でした。

20140111-motikounyuu1

そして、Amazon発送分の「餅つき機BS-EB10」と「餅丸め機SMX-5401-W」はスグに届いたのですがもち米の方は1日遅れで届くことになりまして、我慢できずに近くのスーパーにもち米買いに行きました!(笑)

 

だって、餅米なけりゃ餅作れないじゃないですか・・・

 

近所のスーパーで購入698円で1.4kgでした。Amazonで注文したもち米は5kgで2025円だったのでAmazonは激安ですね。でも、すぐに作りたかったので買っちゃいました。

 

ちなみに、象印の餅つき機BS-EB10-WBを購入した理由はAmazonで最も人気がある機種で、口コミ内容も良かったので評判が良いという事で購入決定しました。定価が29,400円という事なので「定価の半額以下」ですね、ネット通販は凄いですね。

 

購入した餅つき機BS-EB10-WBは家庭用ということで1回で作れる餅は一升までですが、私としては、一回で一升も餅が作れれば十分でした。

なにしろ、

一升=10合=1.8リットル

ですから。

そして、餅米が1.4kgで売られているのが不思議で、何で1.0kg単位じゃないのかな?と思っていたのですが

一升=10合=1.8リットル → 大体1.4kg

ということでした。

 

ちょうど一升作ると1.4kg使うから

1.4kg単位で売ってるんですね。

P1070017

勉強になりました。

 

 

 

ちなみに、象印の餅つき機BS-EB10-WB

口コミのまとめです。

 

「操作が簡単」「爺婆でも覚えらる簡単な操作」「最少単位5合から作れる」
「後片づけが楽ちん」「コーティングがされているので餅が剥がれやすい」「豆
餅・草餅・ヨモギ餅なども作ることができた」「添加物の無い安心なお餅が作れ
た」「大きさが小さ目で軽くて良い」「つき加減を調整できるのが良かった」
「水加減を調整できるのが良い」「両親にプレゼントとして購入したら喜ばれ
た」「味噌を作るのに役立った」「作った餅の伸び具合が市販の物と明らかに
違った」

 

【追記】

BS-EB10の後継機種としてH28年現在ではBS-ED10が販売されています。内容としてはほぼ同内容となっているので購入される方は価格の安い方を選べば良いかと思います。BS-EB10とBS-ED10との比較は別記事にて比較表など作成して紹介していますのでご参考までに。

 

象印「BS-EB10-WB」の後継機登場!「BS-ED10-WA」何が新しくなった?比較表