もち米の三大産地とは?幻のもち米とは?

もち米の三大産地は「北海道」「佐賀」「新潟」です。これらの産地のもち米は有名なのでハズレも少ないはずです。ちなみに、伊勢赤福のもち米は北海道産とのことです。

 

もち米の生産農家が少ないのは「うるち米」よりもいもち病にかかりやすく手間がかかるためだと言われています。また「うるち米」も一緒に生産している農家は収穫する際に「うるち米」と「もち米」が混ざらないように収穫機械を清掃してから収穫を行う必要があります。

 

そんな、面倒な「もち米」でも縁起物のために生産農家は自分たちで消費する分だけ生産している場合も多いそうです。

 

そのため、魚沼産のもち米などがほぼ市場に出ないと言われています。まさに幻のもち米ですね。そんな幻の「もち米」魚沼産もち米なのですが、ネット通販の時代のおかげでお取り寄せ購入も可能です。一昔前なら、現地まで行くか親しい人に頼んで送ってもらうかしなければ手に入らなかったのに便利な時代になりました。

 

幻の魚沼産の「もち米」を使ってつきたての「餅」を作ったら最高に美味しいと思います。

 

可能であれば30kg単位で購入すると安く買えそうです。その場合、保存場所さえあれば玄米で購入しておけば、使用したいときにコイン精米で精米してくればいつでも美味しく食べられるのでお勧めです。

コメントを残す